ハイブランドの情報まとめ

シャネルやヴィトン、エルメス等について

Latest Posts

高級時計であるパネライの保管方法とは

中古での購入価格が50万円を上回ることが多いとされている高級ウォッチの一種であるのがパネライです。

値段が高いだけあっても品質がよく乱雑に扱わない限り頻繁に故障することはないと言えますが、それでも保管方法によってはより長持ちするため適切な保管を心掛けたほうが無難であると言えるでしょう。

ではパネライの保管方法とは具体的にどのような形になるのかというと、使用する際に時間合わせを行い使うようにして、常に稼動状態で維持するようなことは避け使わないときは時計を止めておく形がベストだと言えるでしょう。

高品質な商品であっても、長い間時計を止めておくと油の凝固に繋がる場合があります。

しかし使わない時計をワインディングマシーンなどを使用して動かし続けても、磨耗を促進させるだけで長持ちさせたい場合には弊害となることが多いため、使わない際には休ませるくらいの保管方法が好ましいと考えておいてください。

修理費が一般的な金額に比べてかなり割高となってしまうような商品ですので、無駄な出費を省くという意味でも長持ちさせるための術を記憶しておくといいでしょう。

時間合わせも慣れてしまえば然程面倒ではありませんので、習慣化させることを推奨します。

パネライ買取専門店なども参考になりますので覗いてみては如何でしょうか。

男らしくて強いジンの腕時計

ジンのデザイン的特徴は「相手に油断をさせない腕時計」です。

ドイツの空軍パイロットだったジンが1961年に創業したブランドです。

ミリタリーウォッチとしての地位を確立したその機能性は、丈夫さのみではなくビジネスマンの戦う姿勢をよりかっこよく演出します。

ドイツのスペースラボミッションで使用され、初めて宇宙に行った自動巻きクロノグラフもジンです。

装着した瞬間に男の夢やロマンがその洗練されたデザインの中で時を刻む針に宿り、知的さと慎重さ、それでいて男の遊び心も忘れていません。

大事なプレゼンがある日の会議、上役や重役ばかりの前で堂々と企画提案を主張するビジネスマンを、より「出来る男」と見せるのに、一役買うでしょう。

軍人や警察官、レスキュー隊などが愛用しているジンの時計は、「守り」と「攻め」を兼ね備えています。

ジンは機能において、ハイドロテクニック、ドライカプセル、アルゴンガスなどの様々な特許を取得しており、極限の地でも正しく一秒を刻むことが可能です。

その頑丈さは、ビジネスシーンを飛び出してレジャーやキャンプでも安心して使用することが可能です。

どのような状況下でも「男らしい強さ」を演出できる、唯一無二の時計といえるでしょう。

そしてジンの時計買取りなども活用してみてください。

ルイ・ヴィトンの歴史

1800年代中頃、フランスでバッグ専門のブランドとして誕生した世界的に有名なルイ・ヴィトン。

長い歴史の中で常に人々のニーズに沿った最先端のバッグを作り続け、その洗練されたデザインと確かな機能性で世界中の人々を魅了してきました。

150年以上経った顕在でもその人気は衰えることなく、バッグ以外にも財布や洋服、アクセサリー等、男女問わず様々なコレクションを発表し続け、常に世界のファッション業界のトップであり続けています。

日本でもルイ・ヴィトンは年代を問わず多くの人々から愛されており、高価なブランドでありながらも比較的若い世代から人生を通して長く親しむことのできるブランドとして大変な人気を博しています。

フランス発祥であるルイ・ヴィトンのブランドショップが日本に初上陸したのは、1970年代のことでした。

主要都市に数店舗の直営店がオープンし、そのビッグニュースはその当時の一世を風靡したのでした。

その後もアジア諸国に事業を拡大し、経済成長著しい中国や香港でも広く店舗数を伸ばしています。

2000年以降は、日本のデザイナーとも手を組み、これまでなかったカラフルなデザインの製品やイラスト入りのコレクションなど、新作が次々と発表されてきました。

これまでのベージュと茶褐色のモノトーン調のデザインから、若い女性向けのカラフルなラインが発売されたことにより、日本でもより幅広い世代の人々からの人気が高まったのかもしれません。

定番のモデルに加え、このような新しいトレンドを取り入れたモデルを発表し続けることで、ルイ・ヴィトンは日々進化を遂げてきました。

デザイン性のみでなく、そこには確かな機能性も備わり、一度購入したルイ・ヴィトンの製品は長く大切に一生ものとして使っていくことができます。

ブランド直営店以外にも、買取店でもヴィトンのブランド品を購入することができます。

これからもルイ・ヴィトンがこれまで獲得してきた高級ブランドとしての地位は衰えることはないでしょう。

ちなみにこちらのブランドファンではヴィトンアイテムの高価買取を行っているのでオススメです。

シャネルの時計について

今や超有名ブランドであるシャネルは、フランスパリにて、小さな帽子専門店からスタートしました。常に世の女性の求めるファッションを提供し続け、帽子のみでなく洋服、バッグ、化粧品、香水、アクセサリー小物にまでコレクションを次々に展開します。

創設者であるガブリエル・シャネルは、自ら立ち上げたファッションブランドに常に新しい風を吹き込んできました。彼女は、当時固定概念に縛られてきたファッションや伝統を超越することで、当たり前を覆し、その時代に新しい概念を吹き込むべく立ち向かってきたのです。そ

れまでになかったファッションを確立しようと追求してきた彼女のアクティブなチャレンジが、後に超大ヒットを遂げるシャネルスーツや、シャネルNo.5香水や2.55シリーズのバッグなど、現在シャネルの代名詞とも言えるアイテムの数々を誕生させてきました。今現在、大人気コレクションとなっているシャネルの時計もまたこのような彼女の精神をしっかりと受け継ぎ作られたものであります。ココ・シャネルの死後、1987年にプルミエール、2000年にJ12が発表されました。

今現在もスイス、ラ ショード フォンにある工場でシャネルウォッチは製造されています。時計に付属するケースやブレスレットもこの工場にて製造されています。シャネルの時計は、スイスの時計専門メーカーによって開発されており、最先端の製造技術と、最新デジタル機器によって最高級のものが作られています。シャネルの時計コレクションにもシャネルのブランド精神がしっかり受け継がれ、機能性実用性を持ちながらも、革新的なデザインが人気となっています。

時計に使用されているシャネル独自の、ハイテク*セラミックもこの自社工場内で製造されており、これは企業秘密として外に漏れることがないよう管理されています。シャネルの時計の独自性がしっかりと守られ、良質な時計が生まれるのです。シャネルの時計は、シャネルブティック、および正規取扱い店にてのみ手に入れることができます。

参考サイト シャネル買取のブランドファンシャネルの時計買取のウォッチファン